Nike Air Vapormax Flyknit “Heritage Pack”(ナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット “ヘリテージパック”)をフットロッカーにて購入しました。

日本では11/11日が発売予定日でしたがリリースはなかったようですね。

そこで今回は、実際に自分がベイパーマックスフライニットを購入して履いてみて感じた履き心地、サイズ感をレビューします。

結論からいうと、サイズ感はキュっと絞められるようなタイトな作りで、履き心地はフワフワしてとても履きやすいです。

履きやすすさだけではなく、スタイリッシュなヴェイパーマックス、今後購入を考えてる人には自信を持ってオススメできる1足です。

Nike Air Vapormax Flyknit “Heritage Pack”の全体写真

それでは2017年話題のナイキヴェイパーマックスを見ていきましょう。

今回は、ニューヨークのフットロッカーにて購入したので、左上に「FTL」のシールがついています。生産国はベトナムとなります。

箱の表にはオーロラカラーのナイキのスゥォッシュマークが入ります。ヴェイパーマックスオリジナルのボックなので箱だけでもかっこいいです。

普通のナイキのスニーカーに入っている紙とは紙質も異なり、「Vapormax」と入っているのも嬉しいです。

まず手に持ってみた感想はとても軽かったです。ソールのエアー部分の手触りもよし。

通気性抜群のフライニットを使用し見た目もクールです。

大事なお尻はこちら!かかと部分は狭い作りになっています。

ナイキのSwooshマークはリフレクティブ素材が使用されています。

ヴェイパーマックスのサイズ感と履き心地

自分にあったヴェイパーマックスを購入するために、サイズ感と履き心地がどんなものかまずは知っておきましょう。

自分は普段のサイズを店員にオーダーして、試着してみたらサイズ感が小さいことに気付きました。これがオンラインだったら・・・

サイズ感は?

ヴェイパーマックスのサイズ感はとてもタイトです。特に、幅が狭いので、足の幅が広い人は普段のサイズでは窮屈に感じるはずです。購入の際は、0.5cm〜1cmアップをオススメします。

足のサイズが普通の方
普段履いているサイズよりも0.5cmアップ
足幅が細めの方
普段履いているサイズよりも0.5cmアップ
足幅が広い方
普段履いているサイズよりも1cmアップ
甲たかの方
普段履いているサイズよりも1cmアップ

自分はエアジョーダン1は26cmを履いていますが、ヴェイパーマックスだと27cmで、つま先部分が0.3cmほど余りちょうどよく履けます。

Air Max 97、Air Max95とはサイズ感が違うので、購入する際には、Nike Flyknit RacerやHuaracheなどのランニングシューズのサイズ感を参考にすることをオススメします。

ヴェイパーマックスの履き心地は?

ベイパーマックスは「Air(空気)の上を走る」というコンセプトで作られたモデルです。

履き心地はコンセプト通り、とても良いです。軽量化されているため、軽く通気性も抜群です。

しかし、アッパー全体がフライニットで作られているので雨の日に着用することはオススメできません。防水スプレーのクレップを使っても靴下までしみる可能性はあります。


ニューヨークの冬は風が突き刺さる寒さなので、通気性が良すぎるヴェイパーマックスは向かないかもしれませんね。季節関係なく、見た目に惚れて即買ってしまった1足です。

Nike Air Vapormax Flyknit “Heritage Pack”スペック情報

Nike Air Vapormax Flyknit “Heritage Pack”
ナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット “ヘリテージパック”
カラー : Pure Platinum/Anthracite-White-Dark Grey
商品番号 : 922915-002
定価 : 190ドル
発売日 : 11/11/17
購入場所 : Foot Locker 34th Street

       
スポンサードリンク