クレッププロテクト(Crep Protect)とは2012年にイギリス・ロンドンで設立されたシューケアのブランドです。

クレップの防水スプレーを使用したスニーカーはどんな汚れが付着しても、水で洗い流せば完璧に汚れが落ちると話題です。

正しいクレップ防水スプレーの使い方をマスターして、自分の大切なスニーカーを水・汚れから守り、1日でも長くきれいに履けるようにしましょう。

今回はクレップの正しい使い方から実際に使用した人の評価をまとめましたので、購入を考えている方は参考にしてくださいね。

⇒効果的な使い方とは一体どのようにすればいいのでしょうか?

クレッププロテクト(Crep Protect)の正しい使い方

どんなに効果があるアイテムでも使い方を間違えると逆効果になります。

ですが、クレップの使い方は小学生でもできるくらい簡単なので心配ありません。

それでは見ていきましょう。

1 布で汚れを十分に落とす

クレッププロテクト防水スプレーを使用するスニーカーは新品の状態がおすすめです。しかし、新品でない場合にも使うことはもちろん可能です。しかし、新品でない場合はしっかり布で汚れを落としましょう。

2 使う前にスプレーをしっかり振る

汚れから守る働きのある成分をまんべんなくスプレーするためにも使用前には一度振ることが大事です。

3 20〜25cmほど離してスプレーする

スニーカーに近ずけてスプレーしてしまうことで、逆にスニーカーにシミをつけてしまう場合があります。しっかり距離をとってスニーカー全体にスプレーしましょう。

4 30分ほど乾かす

5 もう一度同じ手順でスニーカー全体にスプレーする

6 最後にもう一度30分乾かす

以上がクレッププロテクト(Crep Protect)の正しい使い方でした。

これで新しいスニーカーを安心して下ろすことができるようになりましたね。

しかし、クレッププロテクトの防水スプレーには知らないと危ない落とし穴がありました・・・

クレップ防水スプレーを使えない素材があるの知ってた?

クレッププロテクトの防水スプレーはほとんどの素材に使うことができます。

しかし、中には使用不可素材があるのを知っていましたか?

・爬虫類の皮革
・ガラス系
・エナメル
・ワックス
・ポリウレタン
・ビニールコーティングが施された繊維や革製品
・ドライクリーニング処理できない素材

これらの素材にはクレップは使用できないとのことでした。

これらの素材に間違って防水スプレーしてしまうと逆効果になるので気をつけたいですね。

⇒世界中で話題のクレップですが、実際に使った人の評価は?

クレップを実際に使用した人の評価

日本でクレップを使用した人の評価をまとめました。中には良い評価・悪い評価ありましたが、どちらも記載したので参考にしてください。

・スエードに効き目が強い
スエードのパンプスと、キャンパス地のスニーカーにクレップを使いました。ユーチューブで見たように真似して試してみましたが、パンプスはケチャップをかけても全然汚れがつきませんでした。スニーカーは2回吹き込むだけでは、水が染み込むところがあったので3回スプレーしました。そしたらスニーカーもケチャップはつきませんでした。ただ価格の割には、量が少ないと感じました。

・汚れがつきずらい
スプレーするだけで水だけではなく、汚れも付きにくなりました。スプレー後浴室乾燥機にかけておくのがおすすめです。黒いスニーカーに防水スプレーをかけるとシミになりがちですが、クレップは使ってもシミはできませんでした。

・機能性抜群
機能性は抜群だったので満足です。買った靴を次の日に下ろせるのは嬉しいです。ただ200mlだと使えたのは靴1足で少し余るくらいなのでちょっと足りないです。容量を増やして欲しいです。

まとめ

良い評価
・効き目◎
・水以外の汚れにも強くなる
・黒いスニーカーでもスプレー跡が残らない

悪い評価
・高いわりにスプレーの量が少ない

調べた結果、ほとんどの人がクレッププロテクトの防水スプレーの効果を感じていました。

が、しかし、評価の中にはスプレーの量が少なすぎる!という悪い評価もありました。

確かに、クレップ1本でスニーカー1、2足にしか使えないのでは、かなり高くついてしまいますよね。

それなら少しでも安く購入したいもんです。そこでどこのお店が一番安くお得に購入できるのか調べてみました。

クレッププロテクトの最安値の販売店は?

 

クレッププロテクトの防水スプレーを最安値で買えるのは楽天市場かアマゾンです。

楽天市場 2,160円(税込)送料無料 (地域によっては翌日発送可能)
アマゾン 2,160円(税込)送料無料(アマゾンプライム会員は当日発送無料)

クレップはただでさえ量が少ない防水スプレーです。スニーカーの量によってはクレップの購入回数も増えてくるので、少しでも安く購入したいですね。

クレップにはクリーナータイプもあるの知ってた?

実はクレッププロテクトにはJason Markkのようにクリーナータイプのものもあります。

クレップクリーナーもあらゆる素材に使えるのでスニーカーヘッドには必要不可欠ですね。

他にもJason Markkもクレップと一緒に使うとスニーカーケアの効果が上がるので是非試してみてください。

スニーカーの臭いが気になる・・・そんな人は以下の記事がオススメです。

今回紹介したスニーカーケアグッズをうまく使い合わせて、大事なスニーカーを汚れから守ってください。

       
スポンサードリンク