パテントレザーのスニーカーに一目惚れして即ゲット!でも、そういえば手入れはどうすればいいの?

 

あなたはこう思ったことがありませんか?

 

NOっと答えた人でも、今後スニーカーを追い続けて行く人には、今回の記事は最後まで読んでほしい内容となっています。

というのも、パテントレザーを使ったスニーカーは手入れの方法や保存方法に注意が必要です。間違った手入れや保存をしてしまうと、1ヶ月も経たずにシワやひび割れが・・・なんてことになり得る可能性もあるからです。

パテントレザーが使われたスニーカーは定価で買っても安くはありませんよね。せっかく高値を出して購入した1足。少しでもいい状態で長く履き続けたくないですか?(中には、汚れが逆にいいと言う人もいるのも事実というのは今回はおいておきます。)

何より自分も大事なスニーカーを長持ちさる方法をしりたかったので、パテントレザーを使ったスニーカーの手入れ・保存方法を徹底調査しました。

⇒そもそもパテントレザーとはなんなの?

パテントレザーはエナメル素材と一緒?

まずは、パテントレザーとはどんなものなのか説明します。

 

かなり簡単に説明するとパテントレザーとはエナメル革のことを言います。

スニーカーのモデルの中だと主にジョーダン11に使われている光沢の素材と説明するのが一番早いですね。

 

こんなやつです↓↓

光沢ばりばりのパテントレザーを使用したモデルのジョーダンは、ニューヨークでは特に人気が高い1足です。NYのストリートでAJ11を見ない日がない!といっても過言ではないくらい。

⇒ニューヨーカーからも愛されるパテントレザーを使用したスニーカーの手入れ方法とは?

パテントレザーが使われたスニーカーの手入れ方法紹介!

パテントレザーの手入れの方法は簡単です。

 

1 柔らかめの布地でホコリ・汚れを落とす

2 エナメル用のクリームを塗る

3 乾拭きする

 

2のエナメル用のクリームは、塗りすぎても逆効果となるので注意が必要です。よく履くスニーカーであれば1ヶ月に2,3回がオススメです。

ちなみに「【防水スプレー】クレッププロテクトの正しい使い方から気になる評価まで!」で紹介した有名クリーナー「クレップ」はエナメルには対応してないとのことなので、エナメル対応のクリーナーを使うようにしましょう。

他にも、毎回履いた後にしっかり乾拭きしてあげることも、長くきれいな状態で履くポイントです。

⇒大事なのは手入れ方法よりも保管方法?

パテントレザーが使われたスニーカーの保管方法紹介!

パテントレザーが使われたスニーカーで注意しないといけないのは、手入れ方法よりも保管方法になります。

オススメの保管方法は下記の2つになります。

 

・着用しない時にはシューキーパーを入れる

・ちょうどいい温度・湿度の場所で保管する

 

一つずつ見ていきましょう。

着用しない時にはシューキーパーを入れて保存する

パテントレザーを使ったスニーカーは、履かないときにはシューキーパーを入れて保存することが大事です。

そうすることによって、型崩れ、ひび割れだけでなく、パテントレザーに起こりやすい「シワ」も防ぐポイントになります。

ちょうどいい温度・湿度の場所で保管する

パテントレザーは暑すぎるところに保管しておくと表面がベタつき出し、逆に寒すぎるところに保管しておくとヒビ割れの原因となってしまいます。

一度べたついたり、ひび割れが始まると修復はできないので注意が必要です。

保管場所は、快適な温度・湿度の室内に保管することがオススメです。ただし、室内の蛍光灯が直接スニーカーに当たることも「ベタつき」の原因となるので、ボックスに入れておくのが良さそうですね。

まとめ

以上が、パテントレザーを使ったスニーカーの手入れ、保管方法でした。

パテントレザーが使われたスニーカーは寿命が短いと言われていますが、手入れ、保管方法に注意するだけで、少しでも長くいい状態で履き続けることができるんですね。

他にも、スニーカーの臭いが気になっている人は「大事なスニーカーを臭いから守る方法|臭いの原因は⚪︎⚪︎にあった!」の記事も合わせて参考にしてみてください。

       
スポンサードリンク