今回は日本に発送可能な海外のオススメスニーカーショップを紹介します。

日本でも数多くのお店でジョーダンやイージーなどの人気レアモデルが定価で販売されるお店は沢山あります。

しかし、日本ではすぐ商品が完売になって、また今回も買えなかった・・・

なんてことがあると思います。

でも、インスタグラムなどを見ていると、毎回人気のレアモデルを購入できている人もいるのが事実。

それはなぜなのか?スニーカーを好きになり始めの方は疑問ですよね?

答えは、プレネ購入!いや、本当のスニーカーヘッドは海外サイトから購入しています。

海外サイトでも日本に配送しているサイトは沢山あるのを知ってましたか?もし、日本で狙ったスニーカーが買えなくても、まだ諦めるのは早いです。

もし諦めきれないアイテムなら、ここで紹介するオススメの海外のスニーカー通販サイトで購入することをオススメします。

海外通販サイトでオススメの定価販売スニーカーショップ

Foot Locker

世界を代表するスニーカーショップといえばFoot Locker(フットロッカー)です。

日本では発売されない限定モデルが買えたり、クーポンを度々発行しているので安く買うことができます。とにかく、スニーカーの種類が豊富なので、買う予定がなくてもネットサーフィンしているだけで楽しめます。

フットロッカー公式サイト

End. Clothing

END.(エンド)はアメリカの有名ファッション通販サイトです。

スニーカーの種類、値段はフットロッカーに負けていません。しかし、エンドは送料が安いことで有名。送料が一律2,200円で、更に30,000円以上お買い上げの方は送料が無料になります。

END. Clothingの公式サイトで通販する

Farfetch

Farfetch(ファーフェッチ)は世界中の人気ブランドを取り扱っている海外通販サイトです。

オフホワイト、Y-3、ジバンシーなどのハイブランドのスニーカーを購入したい人は、Farfetchがオススメです。海外サイトでありながら、日本語対応がしっかりされているので、初めて海外で通販する人にもオススメの通販サイトです。

Farfetch公式サイト

Revolve

Revolve(レボルブ)は400を超えるブランド取り扱うアメリカの老舗セレクトショップです。

定番のスニーカーを購入したい人向けではありませんが、ラグジュアリーブランドのスニーカーを購入したい人にはオススメの通販サイトです。

Revolveで通販する

Kith NYC

Kith(キス)はニューヨークを代表するスニーカーショップです。

人気のモデルから定番モデルまで幅広く取り扱っています。キスは服も有名なので、スニーカーを買うなら、ついでに服もチェックしましょう。

Kith NYC 公式サイト

Size?

Size(サイズ)は、イギリスに店舗がある老舗スニーカー通販サイトです。

アディダスイージーブーストの抽選でお世話になっているスニーカーヘッドも多いです。スニーカーヘッドの中では人気のサイトなので、チェックしてみてください。

Size.公式サイト

海外通販サイトでオススメのプレ値スニーカーショップ

Flight Club

Flight Club(フライトクラブ)はNYとLAに店舗を構える有名委託スニーカーショップです。

ここは定価販売ではないので、価格は高いです。

しかし、過去に出た人気のモデルなどは、フライトクラブなら大体見つけることができます。世界のミュージシャンやスポーツ選手もよく訪れ、安心してレアなスニーカーを通販することができるサイトです。

どこを探しても欲しいスニーカーが見つからない場合はここを見てみましょう。

フライトクラブ 公式サイト

海外通販サイトでスニーカーを買う際に注意したいこと

海外通販サイトでスニーカーを個人輸入する時に注意しないといけないことが3つあります。

・海外からの送料
・関税
・日本との品質に考え方の違い

一つずつ見ていきましょう。

実は高くつく送料・・・

海外から通販するということで送料は高くなりがちです。中には送料が5,000円近くかかる通販サイトもあります。

逆に、送料が無料のサイトや、⚪︎⚪︎円以上まとめて購入すると送料無料が無料になる海外通販サイトもあります。

海外通販サイトを選ぶ際はしっかり、送料がいくらなのか?確認をとりましょう。

知らないと損する?関税について

海外通販サイトで商品を買う時に、一番注意が必要なのが皆さんご存知「関税」です。

関税は買った商品によって課せられる税金が変わってくるので、税がかからない商品もあれば、かなり高くなるものもあります。

気になるスニーカーの税率は実はかなり高いです。特に革が使われているスニーカーは4,300円か商品代金の30%のどちらか高いほうが取られます。

でも、関税もかからないことがあるのも事実で、個人的な使用を目的として輸入する場合はかからないこともあります。

関税を課税する人も税関の職員さんです。毎日大量に届く海外からの荷物をいちいち開けて、確認するなんて普通に考えて不可能です。個人輸入で商品の価格が安く、サイズも小さいと関税がスルーされる場合が多いです。

ちなみに、自分はアメリカからスニーカーをまとめて日本に発送していましたが、その時は毎回関税はかかっていました。考えれば、一度で20足もでかい箱にまとめて送っていたら個人的な使用目的とは思われにくいですね。

海外通販で商品を輸入する際は、関税がかかっても自分が納得出来る価格なのか?考えて購入しましょう。

日本だったら不良品でも海外では普通?

日本で販売されている商品は品質チェックが厳しく行われていますが、海外で販売されている商品は品質チェックが甘いです。日本だったら不良品のアイテムでも、海外だと普通に売られていたりします。

スニーカーの場合だと、海外のお店で売られているものは箱が潰れていたり・・・なんてことは多々あります。

こういった商品にクレームをしても、海外のサイトでは対応してくれないことが多いので、通販する前に知っておきましょう。

       
スポンサードリンク